花切りハサミから見直し

道具

もしあなたが

自宅用に花を買っている、買ってみたい

そう思っているのであれば

その前に 揃えるものが二つある

すでに持参されている人も多いと思うが

一つは”花切りハサミ”だ

これは、どのメーカーとかはあまり関係ない

花屋で販売しているかどうかはその店によるので

Amazonなどで購入していただきたい

価格は¥3000程度だ

ちなみに私が抜粋して選び、販売するなら

¥5000くらいはする

が、自宅用であれば

この写真と同じようなフォルムの

“花切りハサミ”であれば充分である

¥3000でも高いと感じれば

ホームセンターで¥1000以下のものもたくさんある

しかし

ホームセンターのハサミは耐久性が全然ない

私はおおよそ週に1万本は花を切る

ハサミのメンテナンスは多少するが

つまり

年間で48万本は切る

換えるタイミングはだいたい一年だ

あなたに置き換えて考えてみよう

あなたなら一日何本切るだろうか?

だいたい10本程度くらいではないだろうか?

そう考えると

131年使える

131年で¥3000

高いだろうか?

車が浮く、きっと そんな時代まで

ぜひ家宝として使っていただきたい

花とハサミの相性は大切だ

花を切る という行為自体別にプロしかない切り方など存在しない、魚をさばくようにプロの技など存在しない

大切なのはハサミで、切り方も単純である

切り方は単純で、”斜めに切る”

それくらいのことで充分だ

いい花屋なら

しっかりと段階に分けて仕込みをする

料理の仕込みと同じだ

市場から仕入れをして花屋の手元に渡り、仕込む

この期間が最も大事で、ここてタイムロスを起こすと、あなたが購入して自宅に飾るに至り影響を及ぼす

勝負はハサミや切り方以前でほぼ決まっているのかもしれない

どんな花屋を選ぶべきかはまた追って書こう

まずは”ハサミ”

ちなみに”紙切りハサミ”は絶対やめておこう

100均であるハサミは切れないし、指をくじく可能性大

また”花切りナイフ”というのも存在する

これこそプロが使うもので、自宅用で使う必要はない、ナイフは手を切る可能性が高いし、コンパクトなので小さな子の手に触れる可能性も高い

つまり手元を離れてから見失いやすい

花切りハサミならある程度の大きさなので

使い終わったら”片付ける”という動作になりやすい

■まとめ

■花切りハサミネット 同じクオリティでネット購入が比較的安価※¥3000前後

■一度購入すれば131年使える

■メーカーあまり関係ない

■ホームセンター、100均はNG

■ナイフは1番NG

コメント

タイトルとURLをコピーしました